広告

夏ディズニーの暑さ・日焼け対策

f:id:laicealice:20180729164947j:plain

 夏ですね。
 暑いのが苦手で何もやる気が起きずに、ずっとブログを放置していました(笑)

 お盆にパークへ行くので、自分の気合を入れるためにも暑さと日焼け対策をまとめてみました。

 

目次

夏ディズニーの持ち物

 暑いのが本当に苦手なので、今まで色んな暑さ・日焼け対策という名の悪あがきをしてきました。
 あらゆる暑さ・日焼け対策を試して、夏ディズニーのスタメン持ち物が決まってきました。

  • 日傘
  • タオル(汗拭き用と水濡れ用で2枚)
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • アームカバーかスポーツボレロ
  • 水分多めに

 

 使ってみたけど、必要性を感じなくてスタメン落ちしたものもあります。

  • うちわ・扇子・ミニ扇風機
  • 冷却剤(叩いたら冷えるタイプ・凍らせるタイプ両方)

 人それぞれ暑さの感じ方は違うと思うので、わたしがこの持ち物に落ち着いた理由を説明します。

夏ディズニーの暑さ・日焼け対策

 色んな暑さ対策をしましたが、わたしに一番合っているのは「直射日光を浴びないこと」であると気付いたのでそれに特化した持ち物になりました。
 うちわで感じる風よりも、冷却剤の冷たさよりも、太陽の暑さが勝ってしまうのです。
 ということで、わたしにとって暑さ対策は日焼け対策も兼ねています。

 

 これに気付いいてからは、夏にディズニーへ行くときはほとんど肌を出していません。
 広い場所では日傘を使いますが、人ごみでは危ないので帽子とアームカバーを使っています。
 アームカバーの代わりにスポーツボレロを着ることもありますが、ずり落ちないし首回りの日焼け対策にもなるのですごく便利です。
 パークで売っているTシャツの下に着ることが多いです。


 帽子+Tシャツ+スポーツボレロ+ロングスカートorショーパンとレギンス+サンダルだと、日傘なしで暑さと日焼け対策ができて、ショーパレでずぶ濡れになっても乾きやすいのでおすすめの組み合わせです。
 スカートやショーパンは乾きやすくて夏っぽい素材にしています。
 デニムは暑いし乾かないので夏ディズニーでは避けるべき素材ですね。
 肌を出さないから暑苦しく見えるし、熱を吸収してしまうので黒い服も避けるようにしています。

 

 持ち物が日差しを遮るものに特化したので、風や冷たさを感じるものは持ち歩かなくなりました。
 うちわ・扇子・ミニ扇風機を使っても生温い風が送られてくるだけだし、ずっと手に持っておくのすら面倒になる暑さで使わなくなりました。
 保冷剤は凍らせるタイプだと開園待ちで解けてしまうし、叩いたら冷えるタイプは常に暑くて使うタイミングが分からずにそのまま持って帰ってしまうことが多かったです。

 

  わたしと友人は暑さの感じ方が違うらしく、全く異なる服装・持ち物ですがお互いそこそこ快適に過ごせているので、自分に合った暑さ対策を見つけてみてください!