広告

ディズニーの撮影に一眼レフがおすすめな理由

一眼レフ

わたしはディズニーのショー・パレード撮影にデジタル一眼レフを愛用しています。 コンデジから一眼レフにステップアップした経験から、一眼レフをおすすめする理由を紹介します。

ディズニーの撮影はコンデジで十分?そんなことない!

ショー・パレード撮影をコンデジでしていたのですが物足りなくなってきたので一眼レフの購入を考え始めました。 連写したい、もっといい画質で撮りたい、暗い場所でもはっきり撮りたい、などなどの理由です。 ディズニーで一眼レフを持っている人は多いですし、ブログで綺麗な写真を掲載している人はほとんどが一眼レフを所有していますからね。 単純な思考で「一眼買えばいい写真撮れる!」と思ったわけです(*´∀`)

そういう理由でコンデジから一眼レフに乗り換えようかな、と考え始めました。 でも、いざ買い換えよう!と思ってもさすがに躊躇しました。 高い買い物ですからね(・・;) そういうわけで慎重派なわたしは一眼レフを購入する前にネットなどで色々調べてみることにしました。 「ディズニーで一眼使うといいよ!」という意見に清水の舞台から飛び降りる背中を押して欲しかったんです(笑)

すると出てくる、出てくる。 ディズニーで撮影するために一眼買うのはもったいないじゃん(笑)みたいな意見・・・。

知恵袋などで「ディズニーのために一眼を買おうと思っています」というような質問にはほとんど「コンデジで十分、一眼はもったいない」という回答がついていました(・ω・`)

どうしよう。 一眼レフ買いたいのに誰もわたしの背中を押してくれない(´Д`;)

 

でもそんなネットの意見なんて関係ない!と思う出来事が起こったんです。 そう!いいシーンの撮り逃しです!

 

ハピネス・イズ・ヒアドナデジ

この日のハピネス・イズ・ヒアでドナデジのチューを撮れなかったんです。 チューした!と思ってシャッターを切って写真を確認したら、この写真が撮れていました。 チューが撮れてなくてもう照れてる…(´;ω;`) しかもピントも合っていませんしグダグダな写真です。

そして隣にいたお姉さんは一眼レフでパシャシャシャと連写。 きっとお姉さんはチュー写真撮れたんだろうな、と思いながら涙目で写真を確認していました。 その瞬間に一眼レフ買うしかない!連写でチューを絶対撮る!と決意しました(`・ω・´)

結局清水の舞台からわたしを突き落としたのはドナデジだったんです(笑)

結論としては…コンデジで満足なんてできない! 知恵袋に惑わされた時間は無駄だった!

てことで一眼レフを使ってみた満足ポイントを紹介します。

連写が大活躍

これがやっぱり一番の満足ポイントかもしれませんね。 設定を「連写」にしておけば、シャッターボタンを押している間はずっとパシャシャシャ…と連写できるんです。

つまり! チューしそうと思ったときからシャッターボタンを押し続ければ絶対にキスシーンが撮れるんです。

 

ハピネスイズヒアドナデジ

撮れました! ハピネス・イズ・ヒアでドナデジのチューのリベンジです!

 

ハピネスイズヒアドナデジ

しかもチューがしつこいドナルドのくちばしを掴むデイジーまでばっちり撮れてますヽ(*´∀`)ノ

キャラクター単体も好きですが、キャラ同士の絡みも大好きなのでキスシーンにはかなりこだわっています(笑) このページだけで何回チューって言っていることか…。

チュー以外にも決めポーズも連写でばっちり撮れますよ! 下手な鉄砲…ではありませんが連写していればいい写真は1枚くらいは撮れています。

表現の幅が広がる

通ぶって「表現の幅」なんて言ってみました(笑) 簡単に言っちゃえば自分の思い通りの写真が撮れる!ってことですね。

高級コンデジでも絞りやシャッター速度を調整できますが、一眼レフには劣ってしまいます。

背景をボケさせる、動きを止めたような写真を撮るというのは一眼レフの方が圧倒的です。

 

開園前グリドナルド

この写真のように手前も背景もしっかりボケさせるのは一眼レフの方が得意ですね。 柵が邪魔でもボケさせることでキャラの存在感を出せます。

柵や後ろにいるゲストなどをボケさせた方がキャラが浮き出るような写真が撮れるのでおすすめです( ´艸`)

パレードで向かい側にいるゲストの顔がはっきり写ってしまうと、ぼかしたりする加工が面倒臭いんですよね(・ω・`) なので一眼レフを買ってからは背景をぼかす写真をよく撮っています。

マニュアルフォーカスでピント合わせができる

マニュアルフォーカス(MF)とは、ピント合わせを手動ですることです。 一眼レフの場合はフォーカスリングを回すことで自分でピントを合わせることができるのです。

多くのコンデジにはこの機能はついていません。 わたしが持っているNikon COOLPIX S9700はオートフォーカス(AF)しかできないのです。

わたしは普段の撮影ではAFしか使っていません。 わざわざMFにしなくてもAFでばっちりピントが合うからです。

でもMFでないとピントが合わないことがありました…。 夏の散水ショーです。

 

ミニーのトロピカルスプラッシュ・チデ

水しぶきにピントが持っていかれちゃうんです(・ω・`) ミニーのトロピカルスプラッシュや雅涼群舞は放水量が半端ないですからね(・・;) チップとデールが元気に放水してますが、水しぶきが凄すぎてピントが合わない! このあと慌ててAFからMFに切り替えました。

 

ミニーのトロピカルスプラッシュ・デイジー

MFならこの通り! 執念のピント合わせでばっちりデイジーが撮れてます。 もしコンデジやスマホで撮影していたらキャラにピントを合わせるのは至難の技だったと思います。

 

とりあえず一眼レフを買ってよかった!と思ったことをまとめてみました。

一眼レフを買ってからは撮影が以前にも増して楽しくなりました! まだまだ未熟ですがコンデジ時代よりも、気に入る写真は格段に増えました。

今一眼レフを買おうか悩んでいるあなたの背中を押せたら幸いですヽ(*´∀`)ノ